口唇ヘルペス薬

口唇ヘルペス薬/再発しやすい病気ですが、適切な治療で治ります

口唇ヘルペス薬

 

 

ヘルパス菌は誰もが持っている菌で、今の医学ではヘルペス菌を体から完全に除菌する事はできません。

 

ヘルペス菌には、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹を引き起こす「水痘・帯状疱疹ウイルス

 

口の回りや、目の角膜などに出る「単純ヘルペスウイルス1型

 

性器などにでる、「単純ヘルペスウイルス2型

 

以上3点が主なヘルペス菌の種類となります。

 

最近では、オーラルセックスなどが原因で、単純ヘルペスウイルス2型が口の回りに出たり、その反対に陰部に単純ヘルペスウイルス1型が出たりとあまり分けても意味が無い状態になっています。

 

口唇ヘルペスの原因菌は一般的には、単純ヘルペスウイルス1型と言われ一旦これに感染をしますと、一生体から消える事は無く神経細胞の中にひっそりと隠れていて、ストレスや過労で体力が落ちたり、免疫力が落ちると、皮膚の上部に出てきて、水泡などを作って症状を出すようになります。

 

特に厄介な事は、治っても繰り返す事です。

 

口のまっわりが赤くなってきて、やがて小さな水泡を作り、2週間程でかさぶたになって治っていくを繰り返します。

 

この水泡が出ている状態の時が、最もヘルペス菌が多く存在していて、赤ちゃんなどがいる場合には、唇を触った手で赤ちゃんの食器などを触るを移してしまいます。

 

口腔ヘルペス

昔はそのような事が原因で国民の大多数がヘルペスに感染をしていましたので、すでに子供にうちに抗体を持っているため、90代の日本人のほとんどが免疫を持っているため発症しても重症になる事は無いのですが、最近の人たちは衛生状態が良いことがあり、大人になって初めてヘルペスに感染するケースもあり、重症化してしまう人が出てきています。

 

ですが、今は口腔ヘルペスによく効く薬が開発されていますので、適切な時期に適切な薬を服用する事で、まず重症化する事は無くなりました。

 

その意味でも、ヘルペスに関する知識は持っていた方が賢明となります。

 

口唇ヘルペスの薬について更に詳しい詳細はこちらでご覧いただけます。。

 

口唇ヘルペスうつる

 

口唇ヘルペスは、口の回りが赤くなりその後2日程して小さな水泡が出てくるときが一番外にヘルペス菌をばらまく時期になります。

 

この時期には、他の人とタオルを一緒に使用しない。コップを一緒に使用しない。触った手を常に綺麗にしておくなど他の人に移さない努力をする必要があります。

 

口腔ヘルペス

特に小さな赤ちゃんがいる家庭では、このことは重要で赤ちゃんはまだしっかりとした体を作っていませんので、うっかりこの時期に赤ちゃんにヘルペスを感染させてしまいますと、脳の方に行って取り返しのつかない事態を招く事にもなりかねません。

 

通常の成人だけの家庭でしたら、あまりヘルペスが発症しても気にする必要はありません。

 

多くの場合、すでに他の方は感染している事が多くあまり問題は起きません。

 

ですが、口唇ヘルペスは初期の内にしっかりと治療をしていきませんと、ニキビの様に皮膚に跡を残す場合がありますので、特に女性は気を付けましょう。

 

塗り薬と服用薬がありますが、両方を使用する事でほとんどの場合は、発症をせずに治す事が可能です。

 

ヘルペスを何回も経験しますと、何となく直感でヘルペスになる時が分かりますのでその時期に薬を使用し始める事が出来るようになります。

 

そのような方は、常にヘルペスの塗り薬と服用薬を常備薬として家に置いていますので、突然の異変にも簡単に対応ができます。

 

ヘルペスの薬は、ネットでも簡単に購入ができますので、すでにヘルペスである事が分かっていて薬のみ必要な人は、ネットを上手に使用する事で、時間がコストを削減する事が出来ます。

 

赤ちゃんがいる方は口唇ヘルペスを早期に治療しましょう!詳しくはこちらでご覧になれます。

 

口唇ヘルペス治療

 

口の回りに出るヘルペスは場所が場所だけに気になってついつい触ってしまうものです。

 

ニキビと同じで、ついつい瘡蓋を取りたくなって更にニキビを悪化させて、2個あったニキビが皮膚の下で穴で繋がってしまうなんて経験をした人も多いのではないでしょうか?

 

このように、口唇ヘルペスはついつい触ってしまいせっかく治りかけのヘルペスを再発させてしまうケースもありますので、そうなりたくないのでしたら、口唇ヘルペスの症状が水泡を作らない内に治療をしてしまうことが重要です。

 

一旦水泡が出来てしまいますと、かさぶたになりませんと治りませんので水泡ができたらいじらないように我慢をしましょう!!!

 

口唇ヘルペスの治療の基本は降り薬と服用薬です。特に有名な薬がバルトレックスになります。

 

ちょっと大き目の薬で飲みずらいのですが、とても効き目がありますのでおすすめです。

 

ヘルペスになって医者で薬を貰いましたら、全部使用してしまわずに少し残しておいて、次回の治療にすぐに使用できるようにしておきましょう。

 

それでもどうしても薬が無くなってしまう人は、ネットでの購入をお勧めえ致します。

 

口の回りのヘルペスを甘く見ていますと、口の中や角膜などにも転移してしまうことがありますので、注意が必要です。

 

特に角膜ヘルピスになりますと、再発が多く治療を少しでも遅れますと、角膜の中にヘルペス菌が入ってしまい最後には失明をしてしまうケースもあります。

 

成人になって失明する人の8割がこのヘルペスによる角膜の異常が原因とされています。

 

口唇ヘルペス早期に治療する事が重要です!詳細はこちらでご覧ください。

 

角膜ヘルペス

 

口の回りに出る単純ヘルペスが、角膜で発症する事があります。

 

角膜ヘルペスは最初は何か目にゴミが入ったような感じで、白目が充血をしてきます。

 

眼医者に行きますと、角膜に何かゴミで傷ができたと診断されて、その治療をされる事がほとんどです。

 

ですがヘルパスを治すには、バルトレックスや抗ヘルペス軟膏などを使用しませんと、治りません。

 

その結果、いくら治療をしても目のごろごろや充血が治らないため、再度目医者に行って角膜をよく見てもらうと、そこで初めて角膜の潰瘍が枝状に伸びているのを眼医者が見つけて、角膜ヘルペスである事が確定されます。

 

ですが、眼医者によってはそれでも角膜ヘルペスを知らない医者も存在しますので、注意が必要です。

 

単純ヘルペスが角膜上部で症状を出している内は深刻な問題にはなりませんが、一旦角膜内に入り込んで発症をしはじめますと、角膜に傷を残し失明の可能性も出てきます。

 

角膜ヘルペスは、早期に治療してしまえばそんなに問題の無い病気ですが、上記の様に治療が遅れますと大事に至ってしまいます。

 

又、角膜ヘルペスは再発を繰り返す事が多く、一度角膜ヘルペスになった経験のある人ですとすぐに自分の目が角膜ヘルペスに感染したことに気が付きますので、すぐに軟膏を目に入れましょう。

 

角膜ヘルペスは、早期に治療をすればほとんど症状が無いまま治療をする事ができますので、一度角膜ヘルペスに汗腺した経験のある人は次回のために少し薬を残しておくことが大切です。

 

ネットで角膜ヘルペス用の薬も購入ができますので、心配な方はネットを上手に使用して、医療薬を手元に置いておくようにしましょう。

 

日本人の失明者の約8割はこの角膜ヘルペスが原因で失明しています。治療法を見てみましょう。

 

口唇ヘルペス症状

 

口唇ヘルペス症状は大きく2つに分かれます。

 

初めて口唇ヘルペス症状になった場合
口の回りがひりひりとしてきます。
やがて赤く腫れ始めて、水泡が出てきます。
発熱があったり、首のリンパ腫れたりと症状が酷くなる傾向にあります。

 

再発の場合
再発の場合には、口の回りがひりひりとしたあと、赤く腫れ始めて水泡ができますが初めての時に比べると
腫れも水泡も小さなものになり、症状が酷くなる事はありません。

 

どちらのケースもやがて瘡蓋になって、治って行きます。
だいたい10日〜2週間の間で症状が収まります。

 

このように口唇ヘルペスの症状は、決まったパターンを繰り返しますので、口の回りに違和感を感じたら薬を使用する事で症状が出ない状態で治す事が可能になります。

 

ヘルペス菌は完治させることは現在の医学ではまだできませんので、症状が出たら早急に対処する事で酷くならないようにする事が重要になります。

 
ホーム RSS購読 サイトマップ